読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのエスキス

一級建築士の学科試験に向けて奮闘中。静かにじんわりと、日々の振り返り。自分のための。B面。

勉強はやさしくなるためにある

久しぶりにここに戻ってきました。自分のために残しておきます。いろんな人に「勉強をします宣言」をしたら、ひとと適度な距離を保てるようになりました。感受性が強いのに、外から入ってくるものに無頓着なところがあり、すぐにくたびれていたのです。けれど、相手をイヤな気持ちにさせずに、付き合いを選べるようになりました。すると自分から発する表面上の言葉もかなり減りました。いわゆる省エネはこころにやさしいですね。最近ツイッターのcheruさんの言葉に癒されています。

勉強は誰にでも平等に与えられている機会だし、努力次第で結果もついてきます。何かに不満を持っていたり、現状を変えたいと思っていたら、他人のせいや、社会のせいにせずに、まず自分から変わろうと思うのです。そのエネルギーを勉強の原動力にして、新しい世界を増やし、想像力豊かでありたいと思うのです。ただそれはキャリア志向とは違います。わたしにとって、勉強はやさしく生きるためにあるのです。それが教養なのかなと思っています。歳を重ねていけば、考え方も大人になるのかと思っていたのですが・・・ 勉強を通して、自分の内面にある子どもっぽさを適切に処理できるようになった、難しい課題をハードルを下げ、簡単な事柄に切り分けられるようになったという感じです。何かが成長するとすれば、きっとこの方向だし、これからも自分に合ったやり方で、相手に応えていくしかないなぁと思っています。今それがとてもしっくりきています。