読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのエスキス

一級建築士の学科試験に向けて奮闘中。静かにじんわりと、日々の振り返り。自分のための。B面。

夜は短し歩けよ乙女

ふだん土曜は塾の仕事があるのですが、4月になると、さすがに休みをとった方がよいかなと考えるようになりました。昨日は午後から休みをとり、「法規」の容積率・建ぺい率・高さ制限の計算問題に取り組むことにしました。しかし、「夜は短し歩けよ乙女」の上映が金曜に始まったのと、アメトーークで知った、あっちゃんの「大合格」が昨日発売されたことが気になって、ならば午後からお休みした仕事4時間分と、昨日買わなかった教材代をここで使おうと思いたったのでした。タスクを終わらせ、目的地に向かおうとすると、「それでいいのか、明日は学校もあるというのに。」と心の声が。それでも森見ワールドにはかないませんでした。足が勝手に歩を進めていました。もう止められませんでした。

私は学生時代に、舞台となっている京都大学のある出町柳から、叡山電車で一駅行った元田中周辺で下宿をしていました。そのため、物語に出てきた場所はなじみがありました。ラストに出てきた「進々堂」には今でもよく行くのですが、実際にもどこか森見ワールドが漂っています。とにかく黒髪の乙女の存在感は圧倒的でした。全体的にユーモアかつシュールさが独特で、今までに観たことのない映像美。これ以上表現のしようがありません。ただただおもしろい!!この映画が好きな人とは、とても仲良くなれそうな気がするなぁ。と観客席を見てみると、私と同じにおいがするではありませんか。最近開き直って、自分のやりたいようにやっていることもあり、いろいろとアドバイスを受けることがあります。上から目線ですよ。私を引き合いに出し、自分を正当化してみたり。しかし、この映画を観たら、もうそんなことすら、どうでもよくなりました。とにかく私は私の道を行くってね。ヴォーリズさーん!オタク街道、まっしぐらです。「大合格」もこれから読もうと思います。受験にはエネルギーが必要です。では、また。