きょうのエスキス

ケースワーカーから建築職に復帰。角番落ちから11年。H29一級建築士試験再チャレンジ。今年製図試験合格に向けて奮闘中。じんわり日々の振り返り。自分のための。2015- もやもや迷走編、2017- 受験勉強実践編(学科 5.9-試験前日⇨学習のまとめ)

エアフローウィンドウ方式・ダブルスキン方式

「 エアフローウインドウ方式は二重のガラス間に外気を通して熱負荷を低減する方式であるのに対して、ダブルスキン方式は二重のガラス間に室内空気を通して熱負荷を低減する方式である。」⇨ ×

先日、「環境・設備の引っかかる部分」でまとめたはずが、『エアフローウィンドウ方式』の理解が中途半端でした。H26年の過去問です。
 
○ 「エアフローウィンドウ方式は、ブラインドを内蔵した二重のガラス間に室内空気を通して熱負荷を低減する方式であるを通して、ダブルスキン方式は二重のガラス間に外気を通すことにより、熱負荷を低減するとともに窓面温度の上昇によるほてりを防ぐ方式である。」
 
☆エアフローウィンドウ方式

f:id:emicocolo:20170617175519p:plain

 ☆ダブルスキン方式

f:id:emicocolo:20170617175607p:plain