きょうのエスキス

一級建築士の学科試験に向けて奮闘中。静かにじんわりと、日々の振り返り。自分のための。B面。

あと3週間で取り組むこと

今日のウラ指導さんのブログ、今の私を勇気づけてくれる内容で、うれしかったです。
 
あれもこれもとなる気持ちを整理するために、本試験までの勉強の計画を立てることにしました。まずはこれから1週間の予定です。来週末はウラ指導の一発逆転模試(ウラ模試)の講習会に参加するので、最大限に活用できるよう、計画します。過去問は直近7年間の内容をしっかりと押さえたいと思います。
 
『法規』… 建築基準法以外の過去問直近7年分を今週末にやりきる。午前中まとまった時間の取れる火曜に時間を測って、ウラ模試を解く。
 
『構造』… 井澤式比較暗記法をチェック。過去問直近7年分(文章題)を一巡する。出勤前に力学計算3問を解く。水曜の晩にウラ模試を解く。
 
『施工』… 過去問直近7年分を一巡する。苦手な分野や暗記箇所は、全日本建築士会のテキストをチェック。水曜の晩にウラ模試を解く。
 
『計画』『環境』… ウラ模試の内容をチェックする程度。講習会後の復習に時間をあてる。
 
講習会が終わると、残り2週間!イメージとして、前半戦は、以前にアウトプットした過去問ブログ(H9〜H21)の×問チェック。試験問題に慣れるための訓練です。あくまでも直近7年間の問題が基本で、+α の位置づけです。
後半戦、つまり試験1週間前は、仕事を休むことにしました(すでに段取りができました)。本番通りの試験科目の順番で、とにかく問題を解いていきます。あくまでも今までの復習に徹します。「ものまちぐらし」さんのブログを読むと、まだまだ問題にふれる頻度が少ないなと、よい刺激になります。すぐになまけてしまうものですから。ただし、自分に合ったやり方は、人それぞれですからね。