きょうのエスキス

一級建築士の学科試験に向けて奮闘中。静かにじんわりと、日々の振り返り。自分のための。B面。

コンクリート工事の暗記まとめ

昨日はやり残していたウラ模試第1回の『計画』『環境・設備』『法規』を解きました。『構造』『施工』はウラ指導さんの解き方ワークショップで、すでに解説を聞いています)

試験結果は、計画 18/20点、環境14/20点、法規25/30点でした。やはり、覚える数値の多い『施工』『構造』を攻略することが、第一優先だなと思いました。暗記ならまだ今からでも間に合います。受験生の得点率の高い問題のとりこぼしを防ぎ、得点アップにつなげていくにも、一番効率が良さそうです。これからどんどんつめこんでいきます。詰め放題です。

【コンクリート工事】

★レディーミクストコンクリート 

・レディーミクストコンクリートの発注において、呼び強度を保証する材齢を28日とした。

・レディーミクストコンクリートは、荷卸し直前にトラックアジテーターのドラムを高速回転させてから排出した。 

・レディーミクストコンクリートの受入れ検査は、施工者が実施した。 

・受入れ時の検査は、呼び強度が27の1工区の打込みの量が130m3/日なので、圧縮強度試験を1回行った。 

・受入検査時における輸送時間の確認は、運搬車ごとにレディーミクストコンクリート納入書により行った。 

・同一打込み工区は、2つ以上のレディーミクストコンクリート製造工場のコンクリートが打ち込まれないようにした。 

・スランプ18cmのレディーミクストコンクリートは、受入れ時のスランプ試験の結果が20cmであったので、合格とした。 

・空気量4.5%指定のレディーミクストコンクリートは、受入れ時の空気量が5.8%であったので、合格とした。 

 ・単位水量180kg/m3のコンクリートは、運搬車ごとの製造管理記録により単位水量が180kg/m3から、合格とした。 


マスコンクリート

マスコンクリートの発注に当たって、レディーミクストコンクリートの呼び強度を保証する材齢を56日とした。 

マスコンクリートの水和熱によるひび割れの発生を低減させるために、高炉セメントB種を使用した。 

マスコンクリート施工は、外気温との温度差が大きくなったので、温度差を小さくするため、保温養生とする。 

マスコンクリートの特記は、最小断面寸法が壁状部材で80cm以上、マット状と柱状部材で100cm以上とする。 

マスコンクリートは、中庸熱ポルトランドセメントを使用する場合、構造体コンクリートの強度管理材齢を63日とした。

マスコンクリートの場合、構造体コンクリートの強度管理のための供試体の養生方法は、標準養生とする。 

マスコンクリートの混和剤は、AE減水剤遅延形、減水剤遅延形、高性能AE減水剤を用いる。
マスコンクリートにおいて、荷卸し時のコンクリート温度の上限値は、35°Cとした。 

寒中コンクリート 

・寒中コンクリートの供試体の養生は、打込みコンクリートとできる限り同じ温度条件とする封かん養生とした。

・寒中コンクリートの打込み時のコンクリートは、水、骨材を加熱して良いが、セメントは加熱してはならない。 

・寒中コンクリートの初期養生の期間は、打ち込まれたコンクリートの圧縮強度が5N/mm2に達するまでとした。 

・寒中コンクリートの施工において、打込み時のコンクリートの温度が10~20°Cになるように管理する。 

・寒中コンクリートの温度管理は、打ち込まれたコンクリートのうち、最も温度が低くなる部分を対象に行った。 

・寒中コンクリートの適用期間で、十分な温度上昇が見込まれる場合は、承認を得て温度の下限値を5°Cにできる。 

・加熱養生の終了後は、コンクリートが急激に冷却したり乾燥したりしないようにする。 


高強度コンクリート  

・高強度コンクリートは、中性化や塩化物イオンの浸透に対する抵抗性に優れているので、耐久性が向上する。 

・高強度コンクリートの施工は、練混ぜから打込み終了までの時間を、外気温にかかわらず120分を限度とした。 

・高強度コンクリートにおいて、設計基準強度が50N/mm2の場合、荷卸し地点におけるスランプを23cmとした。 

・設計基準強度60 N/mm2の高強度コンクリート流動性は、スランプフローが60cm以下とした。 

・高強度コンクリートの計画調合の品質等は、実機プラントを用いた試し練り及び施工試験により行った。

・高強度コンクリートの塩化物イオン量は、鉄筋腐食抵抗が普通コンクリートと同等以上なので、0.30kg/m3以下。 

・高強度コンクリートは、コンクリートの強度、配筋状況等に応じて、1層の打込み高さ及び打込み速度を決定した。 

・圧縮強度の試験回数は、打込み日ごと、打込み工区ごと、かつ300m3ごとに1検査ロット(試験回数3回)とする。 


★高流動コンクリー卜

・高流動コンクリー卜の練混ぜから打込み終了までの時間の限度は、120分とした。 

・高流動コンクリート流動性は、スランプフローで表し、その値を65cmとした。 

・高流動コンクリートの施工において、コンクリートの荷卸し時の目標スランプフローを60cmとした。 

・高流動コンクリート打込みは、材料分離がなく円滑に流動し充填したので、特に締固めを行わなかった。 


★暑中コンクリート

・暑中コンクリートのコンクリート打込みは、練混ぜを開始してから打込みが終わるまでの時間を、90分以内とする。 

・暑中コンクリートの荷卸し時のコンクリート温度は、35°C以下とした。 

・暑中コンクリートの調合において、AE減水剤遅延形を採用した。 


★流動化コンクリート

流動化コンクリートの流動化剤の添加及び流動化のための撹拌は、工事現場において行った。 

・流動化コンクリートに用いるベースコンクリートの単位水量は、185kg/m3以下とする。

・流動化コンクリートの調合強度は、ベースコンクリートの圧縮強度に基づいて決定した。 


★凍害 

・凍害を生じるおそれのある部分のコンクリートは、水セメント比の最大値を50%とし、かつ、空気量を5%とした。 

・寒中コンクリーの凍害対策は、AE剤、AE減水剤又は高性能AE減水剤を使用し、空気量4%以上6%以下。 


★ひび割れ 

・コンクリートの打込み後において、プラスチック収縮ひび割れ、沈みひび割れ等が発生した場合は、 凝結終了前に、コンクリート表面のタンピング等により処置する。