きょうのエスキス

H29一級建築士製図試験を終えて、また一歩踏み出します。じんわりと日々の振り返り。自分のための。B面

学科試験が終わりました

昨日試験が無事終わりました。とにかく今の実力はすべて出し切りました。しかし、初っ端の『計画』でつまづき、どうやら足切りに引っかかる模様です。実例の対策を捨て問(範囲が広いため)だとほとんどしていなかったので、問題を見て、その出題の多さに、頭が真っ白になり、一瞬記憶がとびました。今までいろんな試験を受けてきましたが、初めての経験です。その影響で目が醒めたのか、お昼の『法規』からは頭の中はフル回転。驚くほどの速さで解けました。

 

11年前製図試験の勉強を一緒にしていた先輩と、帰りにばったり会い、お茶をすることになりました。私にパステル画を教えてくれた先輩で、高校・大学でデザインの授業も担当されています。そんな先輩から来月引っ越すからまた来てねと、アトリエの案内図をいただきました。なんと自宅を売却し、3階建の鉄骨構造の倉庫を購入したというのです。これにはびっくりしました。「天井高が4mだから、作品をいっぱい飾れるし、外壁やシャッターにも絵を描こうと思ってるねん。7mの折りたたみのはしごをホームセンターで買おうと思うけど、強風で倒れないかな?」「えっ、そのはしごに登って描くんですか?」とさらにびっくりしました。

 

建築作品を知ったり、観たりすることはもともと好きだったんですが、試験勉強を優先して、時間を割いていませんでした。(ブログで紹介した前川國男邸は出題されて、うれしかったです。)他の教科は、丸暗記で学科試験に受かった当時よりも確実にレベルアップしていると実感したので、今回の結果から、好きなことを極めていきながら、勉強を継続していこうと思ったのでした。

 

追伸:今回ウラ指導の講義を受けた部分が得点源になりました。私には追い込みの勉強が向いていないとわかったので、周りの方にN建を勧められましたが、やめておきます。とにかく製図試験の勉強に頭を切り替えます。

 

今月に入り、このブログのアクセス数が、思わぬことに増えたため、建築士試験以外のたわいもない話は、はてなダイアリーにお引っ越しします。

きょうのコンパス