きょうのエスキス

H29一級建築士製図試験を終えて、また一歩踏み出します。じんわりと日々の振り返り。自分のための。B面

学科試験合格!?

じつは、ようやくゆっくりした時間がとれたので、先ほどTACの解答速報で、得点を出してみました。そしたら、初っ端の『計画』が足切りにかかっていないことがわかりました。計画12/20点、環境・設備12/20点、法規24/30点、構造24/30点、施工18/25点で、総合点が90点でした。TACによると、今年は合格最低ラインが90点だそうです。となると、(マークミスがないか、何度も確認をしたので)ギリギリですが、合格している可能性が高いです。もう涙、涙です。前川國男邸が「江戸東京たてもの園」にあったことを思い出せたことが、こんなにも大きい光になるとは。

こうやって見てみると、やはり『計画』と同時に行った、『環境・設備』もメンタルの影響がもろに出ましたが、その気持ちを午後に持ち越さなくてよかったです。それに、難しいと言われていた『施工』で、ここまでの点数が取れたのが予想外でした。最後の追い込みもやはりやっておいてよかったです。「許容差」の選択肢では、迷いなく答えることができましたから。週末はゆっくりしようと思っていましたが、よし、これから製図試験の道具の準備をしなければ。とにかく一次試験の合格発表まで、受かっていることを信じて、全力で取り組みます。