きょうのエスキス

ケースワーカーから建築職に復帰。角番落ちから11年。H29一級建築士試験再チャレンジ。今年製図試験合格に向けて奮闘中。じんわり日々の振り返り。自分のための。2015- もやもや迷走編、2017- 受験勉強実践編(学科 5.9-試験前日⇨学習のまとめ)

自分への声かけ

学科試験のときとは違い、逃げ腰になるのは、なぜだろうと思っていたら、この記事と出合い、目が覚めました。あくまでも私の場合ですが、図星でした。根本的な原因です。試験に限らず、仕事も人生も同じだなぁと。だから、このままでは終わりません。

製図試験の足切りにも通じるものがあります。タイトルにインパクトがありますが。自己満足だけで終わらせるのではなく、相手(出題者の意図)を知ることは大切だなぁ。

運動量と「勝つんだ」という圧倒的な気迫。自由ネコさんの文章はユーモアがあって、やさしいなぁ。打開策です。

カッコわるくてもいい!このブログを始めたのも、そのためだから。

追記:あれっ、学科試験のときも同じようなことを考えていたみたいです^_^ 今朝もmonkey majikを聴きながら、ウォーキングしています。もやもやがあると、こうやってアウトプットし、風通しを良くして、前に進んでいます。