きょうのエスキス

H29一級建築士製図試験を終えて、また一歩踏み出します。じんわりと日々の振り返り。自分のための。B面

商店街とミライザ大阪城

商店街にこんなプログラムがあったらよいなと、8年前に書いていたメモを発見。最後の2つは当時実際にチャレンジしてみました。今改めて見てみると、これらを実現可能なカタチにできないか、もう一回考えてみようという気持ちになりました。また1日貸店舗の利用、軒先販売をやってみたくなりました。 

 
・宅配+対話で元気確認プログラム 
 
・親子のくつろぎ場プログラム 
 
・古本愛でふれあい再生プログラム 
 
・商店発アンテナショッププログラム 
 
・おつかい教育プログラム 
 
・生鮮食品協同店の運営プログラム
 
・流通システム改善プログラム 
 
ユニバーサルデザインで V サインプログラム 
 
・シニア商店主向けパソコン講習プログラム 
 
・商店街発くらしの手帖プログラム 
 
シャッター街で1日店長プログラム 
 
自転車創業で移動販売プログラム
 
生活密着型の商店街。大規模団地における高齢者向け生活支援、ニュータウンの中心店舗再生にも関心があります。商店主さん向けにチラシも作ってたなぁ。(誤字・脱字がありますが、スルーしてください)ヘルパーになったのもこの時期。
 

f:id:emicocolo:20171019012152j:plain

 
さすが大阪。小学校が統廃合になると、商業施設が建てられる場合が多いのですが… 旧陸軍庁舎も商業施設になるのですね。「ミライザ大阪城」ついに今日からです。仕事がお昼からなので、ちょっと行ってこようかなと思います。