きょうのエスキス

ケースワーカーから建築職に復帰。H29一級建築士試験再チャレンジ。今年製図試験合格に向けて奮闘中。じんわり日々の振り返り。自分のための。2015- もやもや迷走編、2017- 受験勉強実践編(学科 5.9-試験前日⇨学習のまとめ)

ククリと動線マーキング

講習会で教わった、マーカーを使って、部門・グループのククリと動線をチェックするトレーニング。今日から始めていきたいと思います。マーキングのやり方は、こちら↓
 
他の受講生答案で実践し、2分以内で,チェックできるようにする。すると、美しいプランとそうでないプラン(=チェックしづらいプラン)の違いが見えてくるから、そうなるとプランニング力やエスキス力も向上するよと、ペンギン先生からアドバイスをいただきました。
 
徹底して、マーカーで色塗りを繰り返しておくことで、本番で逆にマーカーでの色塗りを想定した形で、エスキスを進められるようになるから勝てる、初受験一発合格者にはこの指導を徹底しているとのことでした。


また、全体的な立体構成を言葉で説明できるようにとのことなので、これから訓練していきたいと思います。ちなみに、勝手にストーリーをつくる傾向にあるため、「建築雑誌の解説のような記述は不可。問われていることを簡潔に記述しよう。論点の絞り込みが大切です。」とメッセージありました(^-^;