読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのエスキス

一級建築士の学科試験に向けて奮闘中。静かにじんわりと、日々の振り返り。自分のための。B面。

やさしい気持ちで

f:id:emicocolo:20161107182422j:plain

連絡入試の試験結果が届いたようで、塾に続々と電話がかかってきました。感極まった第一声は、こちらにまっすぐ伝わってきますね。電話越しに漂う温かい空気に、私のこころの壁はさらに打ち砕かれました。なんや、この近さは。うれしさ、ダダもれ感は。私ってこんなに情に厚いひとだったっけ。やさしい気持ちがあったんだ!ともうビックリで。自分では社交的だと思っていたのですが、どこか冷めたところもあって。今思うと…相手に対して喜んでいるフリを見せているだけでした。相手の幸せを妬んでいたのかなぁ?いや、もしかすると、素直な気持ちを表現して拒絶されたらどうしよう、そんな怖さのほうが大きかったのかもしれません。仕事に対しては強気なのに、ひとに対しては弱気で受け身だった私。もうはぐらかさないぞ~。あの西川くん(仮名)もお母さまと突然の来訪。わずかながらに前進したなとガッツポーズした1日でした。

非常勤の先生たちのなかには、今月から地元で音楽サロンを開く方、司法試験の勉強を続けながら来月結婚をされる方… それぞれの生き方があるんだなぁといつも励まされます。私はというと、自分の勉強がそっちのけになるくらい、この塾に対して愛着がわいてきました。どうしたら、子どもたちがのびのびと勉強できるんだろう?先生方がストレスなく、働くことができるんだろう?と。先日も塾長とゆっくり話し合う機会があり、根本思想を教えていただきました。そういえば、設計事務所の所長からも、仕事の取り組み方や考え方を教わっていました。ひとと触れ合うことで、世界がどんどん広がっていくんだなぁ。というわけで、突然ですが、来年度の合格に向けて、今回は独学ではなく、建築士会の講座に通うことにしました。私も塾生さんたちのように、好奇心を持って、仲間たちと共に笑って過ごすぞ~。年越しまでまだ2ヶ月弱あるというのに、来年の抱負みたいなことを… ウッホホ~イ。母の通院先に久しぶりに顔を出したら、主治医の先生も『なんかよかったね。』と喜んで下さいました。この一年でずいぶんと変化したようです。人生はおもしろい。