きょうのエスキス

ケースワーカーから建築職に復帰。H29一級建築士試験再チャレンジ。今年製図試験合格に向けて奮闘中。じんわり日々の振り返り。自分のための。2015- もやもや迷走編、2017- 受験勉強実践編(学科 5.9-試験前日⇨学習のまとめ)

「法規」のGW特訓

昨日は勉強が思うように進まなかったので、思いきって、場所を変えてみたのですが、環境を少し変えるだけでも、かなりリフレッシュできました。そして、冷えと空腹を解消することは大切ですね。慣れてくると、ダラダラしてしまう!楽な方向に行ってしまいそうなので、今月は日曜の学校以外にも、土曜の第2週に法規のウラ指導講習会、第4週に総合資格学院の全国オープン模擬試験を受けようと、先ほど申込を済ませました。6月に今通っている全日本建築士会の模試もあるのですが、早いうちにアウェイでどれだけの実力が出せるのか、打ち砕かれるのを覚悟で、今の自分の立ち位置を知っておこうと思ったからです。インプットして勉強した気になっているのは、一番ヤバいなぁと。模試が終わる頃には残り2ヶ月弱。結果次第でまだギリギリ軌道修正も可能なので。このブログで模試の結果も報告します。

考えてみれば、一次の学科試験を受けてから、二次の製図試験まで2ヶ月半しかないのです(学科試験の結果が出てからわずか1ヶ月弱)。学科試験に合格したら、製図試験は3回目まで学科免除で受けられるとはいえ、一年目で受かろうという勢いがないと、なかなか厳しいのは過去に経験済みです。しかし、今から学科試験よりも短い準備期間で、6時間半ぶっ通しの製図試験に挑むのですからね。今から心身ともにタフさが求められます。今日からGW特訓として「法規」を集中的に取り組むわけですが、金曜まで分野別問題集を、土曜に三年分の過去問を、時間を計って解いてみようと思います。時間を見積もることって、なかなかむずかしいですが、きわめて重要ですね。法改正もあるから、気をつけないと!